mokumokuto 木木と

mokumokuto 木木と|きれいに髪を染める方法 comparison

動画で解説!木木と - 施術マニュアル

画面右下の      マークをクリックすると、フルスクリーン(大画面)でご覧頂けます。

木木とで染める

準備 ~ ペースト作り
塗 布
加温&クーリング

ひとりで染める

木木と - 詳細施術マニュアル

1
事前のパッチテスト(皮膚アレルギー試験)
「木木と」はパラフェニレンジアミン非使用の頭髪用化粧品ですが、
より安心してご使用いただくために、アレルギー等の有無を確認する
ためのパッチテストを必ずおこなってください。
※パッチテストとは、かゆみやかぶれ、刺激などを起こす体質か、
アレルギー反応の有無を調べるテストです。
  • ①使用する本製品を少量取り出し、水を加えペーストを作ります。
  • ②それを綿棒に取り、腕の内側に10円玉硬貨大の大きさに塗って衣服などにつかないようにバンソウコウで保護し、そのまま触れずに48時間放置します。
  • ③開始30分後と48時間後の2回塗布部の観察をおこないます。
    その際、発疹、発赤、かゆみ、水泡などの症状がみられた場合は、すぐに洗い流し、使用を中止してください。
  • ④異常がないことを確認後、すぐに使用します。※パッチテストで反応が無くても、ごく稀にアレルギー反応がでる場合があります。
2
使用前のシャンプー(専用「木木と シャンプー」をおすすめします)
シャンプーをして髪と頭皮の汚れを落とします。その後、タオルで水分を
拭き取ってください。
※シリコン配合のシャンプーは、髪にシリコンの被膜を作り、「木木と」
のヘアなどハーブの浸透・発色効果を妨げる原因となりますので、
使用しないでください。
※「木木と」塗布前にトリートメントやリンスを使用すると、同様に「木木と」の
高価を妨げる原因となりますので、使用しないでください。
3
ペースト
使用する「木木と」に140~180mL程度の熱湯(約90度)を用意し、
少しずつ加えながら空気に触れるようしっかりとよくかき混ぜて
ペーストを作ります。
※ペーストの硬さの目安は、マヨネーズ程度。
白髪を気にされている方は硬めにしてください。
※必要な熱湯の量は「木木と」の種類(色)、気温、温度によって変わります。
※「HTウォーター」を使用することにより、髪に潤い・保湿を与えることが
できます。
※熱湯を扱う際は、やけどをしないように、ご自身と周りの方に十分ご注意ください。
4
塗布
できあがったペーストを髪と頭皮に塗布します。
⇒髪の根元は、頭皮へ押し込むように、たっぷりとペーストを塗ります。
⇒髪にはペーストをのせるようにし、なじませるように塗布してください。
※クシなどでとかすとペーストがはがれ「木木と」の効果を妨げる
原因となります。
⇒特に白髪染めの場合は、スライスを薄めにしてください。
※スライスとは髪にこーむで分け目をつけ、薄く毛束を取り出すことです。
5
加温&クーリング(自然放置)
塗布後ラップで頭を覆い、専用「ヒートキャップ」
で30分以上、加温してください。
※「ヒートキャップ」は、事前に5分程度加温してから
ご利用ください。
加温後、「ヒートキャップ」をはずしラップのまま15分以上
クーリングして冷ましてください。
6
シャンプー&トリートメント
(専用「木木と シャンプー」「木木と トリートメント」をおすすめします)
色の定着を良くするため、シャンプー前にシャワーの十分な水圧で、
丁寧にしっかりとペーストを洗い流してください。後に、頭皮を揉む
ようにシャンプーしてください。
シャンプーでしっかりと洗い流した後、毛先を中心に髪全体へ
トリートメントをよくなじませてから、すすぎ流してください。
7
仕上がり
髪の毛表面にローソニア成分が被膜をつくり、ハリ・コシ・ツヤを与え、紫外線から髪を守ります。
※特に夏場は、発汗などで色落ちすることがありますので、ご注意ください。

mokumokuto 木木と|施術例 treatment case

ケース1 - 黒茶

ケース1
■施術前
ケース1 ケース1
■施術後
ケース1

ケース2 - 黒茶

ケース2
■施術前
ケース1 ケース2
■施術後
ケース2

ケース3 - 焦茶

ケース3
■施術前
ケース1 ケース3
■施術後
ケース3

ケース4 - 焦茶

ケース4
■施術前
ケース1 ケース4
■施術後
ケース4
ページの先頭へ