ウィンライフの想い

ウィンライフの経営陣

中野 高照 ウィンライフ・ジャパン株式会社 代表

日本でのマーケット開拓、事業戦略、顧客開発を統括管理。かつてはセールスプロモーション事業に従事し、多業種における企業のマーケティング戦略に関わる。2011年ウィンライフ・ジャパン設立時より事業運営に携わり、主力製品であるハーブトリートメント「木木と」の製品開発からブランディング、販売戦略の立案をおこない、コミニュティスペースの全国構築を通じて、新たなマーケットの開拓を推進します。

ウィンライフの経営陣

ファン・クリス  (范清亮)創設者/社長兼CEO

アメリカで大成功を収めたバイオテクノロジー企業パシフィック・バイオテック社(Pacific Biotech・1982)及びウィンテック・ダイアグノスティックス社(Wyntek Diagnostics・1994)を設立し、2社の社長を務めました。パシフィック・バイオテック社は1990年にイーライ・リリー社に買収され、ウィンテック・ダイアグノスティックス社は2001年にジェンザイム社に売却しました。

1968年に台湾大学で化学学士号及び1973年に米国パデュー大学で生化学博士号を取得。

シェン・フィービー  (沈欣蓉)ウィンライフ 日本支社 代表

日本のネットワークビジネス市場の開拓、顧客開発及び支社の日常的業務の管理を担当。2006年に米国ウィンライフ本社に入社し、日常的業務及び営業に関する業務サポート部を担当しました。同時にグロバールマーケティング部及び営業企画部とも協力し、アメリカの市場を開拓しました。

米国カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)、構造工学部卒業。

デビー・ロマイン  (Debbie Romine)米国ウィンライフ本社 代表

米国ウィンライフ本社の日常業務を取り仕切るほか、原料サプライヤーの確保や開拓、購買の豊富な経験をもとに、原料の仕入れ及び管理、仕入先に対する品質監査などを担当しています。かつてはウィンテック・ダイアグノスティックス社とジェンザイム・ダイアグノスティックス社の原料管理部部長を務めた実績もあります。

1990年に米国アリゾナ州フェニックスのデブリー工科大学で経営管理学学士号を取得。

ページの先頭へ